むくみ 筋力低下 改善

長時間座りっぱなしか立ちっぱなしであること

 

 

高校生の頃くらいから、受験勉強に追われて座りっぱなしでいたため、あまり足を動かさずにいたことが足の筋力低下につながって、むくみがひどくなりやすくなった原因だと思います。

 

今では、座りっぱなしか立ちっぱなしで長時間過ごしているため、さらにむくみやすくなっているような気がしています。むくむと、足がぱんぱんで硬く張ってしまい、お風呂で揉んだくらいでは全然解消しません。

 

さらに、むくみによって足の冷え症もひどくなってしまい、靴下が手放せなくなってしまいました。シューズの履き替えがあったり、小上がりの席に通されていざ帰ろうと靴を履こうと思った時に、靴がきついと感じたり、ひどい時はブーツのチャックがあがらなかったこともあり、すごくショックでした。

 

最近では、飲み会などでお酒を飲んだ後に一番むくみがひどい気がします。夕方や夜になると、下半身だけ太ったような気がして、自分の姿を見るのが今でもすごく嫌なので、買い物は早いうちに済ませたり、夜はできるだけ外出を控えるようにしています。

着圧ソックス

 

 

まずは、こりかたまったような足のむくみを、温めながらやさしくマッサージしようと思います。足専用のむくみ解消のオイルやクリームが販売されているので、それを用いて、しっかりとマッサージしてむくみを解消していきたいと思います。

 

また、毎日湯船につかることで、むくみの解消につながると聞いたので、湯船にはできるだけ浸かろうと思います。そして、着圧ソックスで家でも外でもしっかりケアしていくことが大事だと思っています。今では医薬部外品のような形で、着圧ソックスが出ているので、ちょっと値段は張りますが、試してみたいと思います。

 

また、長時間立ちっぱなしだということがわかっているときには、ズボンの下に着圧ソックスを仕込んで、できるだけふくらはぎの筋肉を鍛えるように、いろいろ動き回って、歩数を増やしたいと思います。

 

脚の筋肉の増加によって、足のむくみの原因である水分を体幹の方に押し戻す力があるそうなので、一生懸命やってみたいと思います。

このような記事が一緒に読まれています♪